2014/05/28

しおがま文化大使 鶴田美奈子さんよりエッセイが届きました

ドイツの暮らし ~しおがま文化大使・鶴田美奈子さんエッセイ~ Vol.15

***20万円のお墨付き***

 何年もの間、病院に行っていなかったので、とりあえず健康診断を受けに病院を訪れた。窓口に行くと、今は血液検査で全てが分かります、と言われ、もうバリウムを飲んだり超音波検査などは受けなくてもいいのかと感心していたら、でもその検査は一番値段が高いと言う。毎月、10万円ものバカ高い保険料を払っているのだし、この際だからと一番詳しく調べられるものにした。採血時の血液の量が若干増えるだけで、刺す針は一回だけ、というお得な感じも決め手になった。
 ということで、健康診断はあっけなく終わり、やったことも忘れていた数週間後、病院から請求書が届いた。まあ、高いだろうとは思っていたが、なんと1500ユーロ、20万円。驚きの価格であった。そしてもっと驚いたことに、この健康診断料は、保険会社が全額負担するのではなく、私も2割負担するのだとのこと。20万円の2割は4万円か。全く高貴な、いや高価な血である。
 請求書と一緒に結果も添付されていた。調べた血液成分の数は95項目、5ページにもわたっていた。幸いどこにも異常はなく、「健康体」のお墨付きはもらった。しかし20万円もしたのだから、健康の永久保証ぐらいは望みたいところだ。



詳細な5枚にわたる血液検査結果


2014.5.18 鶴田美奈子

鶴田美奈子プロフィール

塩竈市出身。1989年、東ドイツに単身留学。ドレスデン国立音楽大学大学院でピアノ教育界重鎮、アマデウス・ウェーバージンケ氏に師事。現在はドイツ(フライブルク)に在住。
 





 

 
 
Back to top!