2015/03/25

しおがま文化大使鶴田美奈子さんよりエッセイが届きました


ドイツの暮らし20 ~しおがま文化大使・ピアニスト鶴田美奈子さんエッセイ~


*** ドイツの質実剛健!?レシピ ***


春ですね。街の八百屋さんにはイチゴがお目見えです。

ドイツのイチゴは中まで赤いんですよ!(写真)

このタイプが出回るのは5月頃ですが、今は南国スペイン産のものが売られています。

こちらは大粒で酸っぱめ、ジャムにぴったりです。

今回のレシピは待っている時間のほうが多いです。しかしながら、激ウマです。

題して、『 待ってるだけでホメられるレシピ

では、いってみましょう。

 

“Erdbeermarmelade” エアドベア マルメラーデ

 イチゴジャム 


【材料】ジャムの瓶3つ分

    イチゴ 1キロ

    砂糖 300グラム
 

【作り方】


ドイツの中まで赤いイチゴ

 
1.イチゴははよく洗い、厚手のビニール袋に入れる。

2.上から砂糖を入れ、2分ぐらいよくもみこむ。

3.冷蔵庫に入れ、2日間待つ。(砂糖が液体になっている)←ここ重要

4.冷蔵庫から出し、鍋に入れて弱~中火で35分煮る。

 

できあがり

簡単でしょ?
 
 
色といい味といい、イチゴジャムの概念をくつがえす珠玉の一品!


                          2015.3.19 鶴田美奈子
 
Back to top!