2015/08/09

しおがま文化大使 鶴田美奈子さんよりエッセイが届きました!

ドイツの暮らし22 ~しおがま文化大使・ピアニスト鶴田美奈子さんエッセイ~


***ドイツの質実剛健!?レシピ***

夏真っ盛り、暑いですね。ドイツもこのところ猛暑続きです。ドイツの学校や会社では暑くなると“暑気休み”なるものがあり、いつ休みになるのかと期待し始めます。
 猛暑ごときで休むなど、正気かと思っていたら、この間は41度まで上がり、さすがに正気の沙汰ではなく、「やはり“暑気休み”は正しい!」などとシュールな冗談を言っている自分がいました。
 今月は見た目に涼しい、ゼリーを使ったテリーヌです。大量に作ったら、あとは切るだけ。これで私もつかの間の“暑気休み”です。では・・・。

Gemüseterrine” 季節野菜のテリーヌ

【材料】
(パウンド型1個分)
むきえび5尾 アスパラ4本 にんじん1本
固形ブイヨン2個 水400cc 板ゼラチン18g

【作り方】
1 板ゼラチンは冷水に入れてふやかしておく。(分量外)
2 野菜を塩茹でしておく。よく茹でたほうがあとで綺麗に切れます。
3 火を止めてえびを入れ、余熱でじっくりと火を通す。
4 分量の水を沸かしブイヨンを溶かしたら、1のゼラチンを入れ溶かす。
5 パウンド型にラップを敷き、4を少量流す。
6 野菜、海老を自由に詰めていく。
7 残りの4を流し込む。
8 ラップで包み、冷蔵庫で4時間以上冷やす。



 できあがり!簡単でしょ?
  並べ方で模様が替わってくるので、金太郎飴の要領で完成品を想像しながら並べると楽しいです。

鶴田美奈子
 
Back to top!